モバイルバッテリーってなに?

これまでの携帯電話(今ではガラケーと呼ばれていますが)では、基本的に電話・メールとしての使用が主でしたので電池の消耗はそれほど大きな問題にはなりませんでした。
しかし、スマホ(スマートフォン)の登場後、携帯電話の使い方は変わり、電話・メールの機能だけでなく、ゲーム、SNS、ウェブ、オーディオ・ビデオプレーヤーとして使われる様になりました。
大きなディスプレイ、高性能のCPUでこれらは可能になったのですが、それに伴い電池は直ぐ消耗してしまいます。モバイルバッテリーは予備電池として、電池切れの場合にスマホ本体やその他の携帯機器を充電するためのデバイスです。

 

モバイルバッテリーとしては、一般的にコンビニエンスストア等で売られている乾電池式のもの、家電ショップで見かけるリチウム電池式のものがあります。
乾電池式のものは1000円〜1500円ぐらいで売られていますが、欠点は
 *ランニングコストが高い(乾電池式のデメリット参照)
 *重い(容量にたいして)
 *容量が少ない
という点です。
メリットは手軽であること、乾電池が比較的どこでも手に入れやすいこと、でしょう。

リチウム電池式製品の場合、その欠点は
 *若干高価であること、
 *内蔵リチウム電池が充電切れを起こしたらそれを充電する必要があること

長所は
 *容量が大きいこと
 *乾電池式に比べて小型軽量であること

になります。

どちらも一長一短ありますが、頻繁にスマートフォン使う方、タブレットを使う方にとっては
リチウム電池式のモバイルバッテリーが現実的な選択肢になります。
外でスマートフォンを使うことがない、かつタブレットを持ち歩かない方にとっては、乾電池式でも
十分に緊急時のバックアップになるでしょう。

また、リチウム電池にはリチウムイオン電池とリチウムポリマー電池があります。
仕組みはほぼ同じですが、リチウムポリマーが小型、薄型な分、若干高価になります。