リチウムイオン電池とリチウムポリマー電池の違い


リチウムイオン電池写真
リチウムイオン電池
リチウムポリマー電池写真
リチウムポリマー電池

モバイルバッテリーでは主にリチウムイオンバッテリーとリチウムポリマーバッテリーが使われています。どちらとも基本的な構造は一緒です。
リチウムイオンが正極(+)と負極(-)を行き来することで充電・放電を行います。

 

<リチウムイオン電池構造図>

リチウムイオン電池では、上記の電解質に液体を利用しています。
しかし液体を扱う以上、パッケージングや形状が自由にならないのが難点でした。
そこで液体の代わりに導電性のポリマーを利用してフィルムを層状にする方法が考えられました。このお陰で、リチウムポリマー電池は小型軽量化が可能になり、また薄型化も可能になりました。
ポリマーは重合体と呼ばれる化学反応でできる化合物で、多くはゲル状になっています。
またエネルギー密度も高い為(同体積のリチウムイオン・バッテリの1.5倍程度)、同容積の製品を比べるとリチウムポリマーの方が小型になります。
リチウムポリマー電池の長所を上げると、
  *トラブルが起きた時に、比較的反応がゆるやかに進行する性質がある。
  *仮にショートしても、ガスが発生するだけで済む事が多い。
  *燃えにくい。
  *有害物質がリチウムイオン電池より少ない。

 

という点があります。

欠点としては、リチウムポリマー電池の方が高価であることでしょうか。


弊社のモバイルバッテリーにはリチウムポリマー電池が使用されています。