安全に使うには

 

リチウムイオン電池、リチウムポリマー電池を使用する上で注意しなければならないのは、『過充電』『過放電』です。

過充電とは、充電し過ぎること。

過放電は、電池容量が少なくなり過ぎること。

 

過充電が起こると、==> 発熱 ==> 電池劣化 ==> 最悪発火 ということが起こります。

過放電が起こると、==> 発熱 ==> 電池劣化 ==> 使い物にならない ということが起こります。

 

どちらにせよ、電池が使い物にならないだけなら良いのですが、発熱、発火という危険を伴います。

 

通常、これら過充電、過放電から守る為の保護回路がモバイルバッテリーの中には内蔵されているのですが、これらは電気回路なので、ユーザーとしては次の点に注意する必要があります。

 

*高温の場所に長く放置しないこと。

  (バッテリーそのものだけでなく、電気回路へのダメージも心配です)

*水、海水、ジュース等の液体で濡らさない事。

  (液体が浸透して電気回路が壊れてしまう事があります)

 

電池そのもので異常が起こる事より、電池の制御回路(保護回路)の不具合で問題になる事が多いので、その意味では、『日本製のセルを使用』という謳い文句だけで即『安全』とは言えません。

 

しかし、保護回路がちゃんとしたものかどうかはユーザーとしては分かりませんので、使用しているモバイルバッテリーが「ちょっと熱すぎるな」と感じたら、使用を控え、メーカーもしくは販売店に確認しましょう。