安全規格(PSE)は必要か?

  

ユーザーを危険から守るために、PSE(電気用品安全法)という日本国内の安全規格が電気製品等には要求されており、経済産業省管轄下でこの安全認証は管理されています。

お手持ちの電気製品やACアダプターを見ると、このようなマークがあるのが分かると思います。これが国内の安全規格に適合していますよ、という印になります。

モバイルバッテリーは、現在のところPSEの適用外になっています。

これは、これまでバッテリーが絡んだ重大事故(火災等)が比較的大きいサイズのものである、という根拠に基づくもので、単電池当たりの体積エネルギー密度が400Wh/Lを越えると規制の対象となります。

 

PSE取得をうたう製品がありますが、基本は対象外ですので、それを以て安全な製品、とも言えないのが実情です。

ダウンロード
経済産業省の見解: リチウムイオン蓄電池が組み込まれたポータブル蓄電装置の電気用品安全法上の取り扱い について
平成24年9月に出されたモバイルバッテリーの安全規格にたいする見解です。
リチウム蓄電池の電気用品安全法上の取り扱い.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 84.0 KB